週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト逸材 いざ、プロの世界へ

2018ドラフト注目 近未来スター候補PLAYER'S CATALOG

 

選ばれし指名選手は──。10月25日に行われるプロ野球ドラフト会議。即戦力から将来有望選手まで、多くの逸材が吉報を待つ。平成最後のドラフトから、未来のスターは誕生するのか。今年も多くの“金の卵”がプロの扉を開く。

吉田輝星 “負けじ魂”で進化する注目株


吉田輝星 金足農高/投手/176cm81kg/右投右打


 知名度はドラフト候補の中で群を抜く。最速152キロの直球、華麗なフィールディングに、打者との駆け引きにも利用する巧みなけん制球と、能力は折り紙つき。そんな右腕も2年夏の秋田大会決勝の敗戦をバネに努力を積んできた。「あれから一人で黙々と走ったり、練習への姿勢が変わった」(金足農高・中泉一豊監督)。プロでも晴らすべく“悔しさ”がある。決勝で涙した今夏の甲子園、U18アジア選手権で喫した2度の敗戦──。“負けじ魂”がプロで・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング