週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト SPECIALクロストーク

根尾昂&藤原恭大[大阪桐蔭高] インタビュー 成長と挑戦を掲げて(後編)

 

攻守とも高い評価を得ている根尾昂藤原恭大。プロでの活躍を誓う2人が、前号に続いて(→根尾昂×藤原恭大対談【前編】)“今”と“未来”を語り合う。後編はプロ入り後の自身の姿へと話が進んだ。
取材・構成=鶴田成秀 写真=石井愛子、BBM

写真左・根尾昂、右・藤原恭大


修正力と対応力


──ライバル同士の2人。高校時代を振り返り、互いの勝敗を付けるとすれば。

藤原 同点です(笑)。

根尾 いや、僕の負けです。(藤原)恭大はU18に去年、今年と2回も選ばれているし、今年の夏の甲子園での打率も恭大のほうが上(根尾は打率.429、藤原は.462)。全然、僕の負けです。

藤原 いやいや一緒くらいでしょ。

──では互いの武器はどこでしょうか。

根尾 恭大は、とにかく打球が速いんです。一見、シングルヒットかなと思っても二塁打になるし、外野の間を抜ければ、三塁打になる。自分が守備に就いていると考えても、イヤな打者だと見ています。当てにいったスイングではなくて、しっかり弾き返している。だから速い打球になるんだと思います。

藤原 強く振ることだけは意識していますから。ただ、それは金属バットでの話。木製になったら分からないです。

──藤原選手から見た根尾選手は。

藤原 根尾の長所は逆方向にも長打を打てることです。左中間にもホームランを打てる。逆方向に強い打球を打てるのは、すごいこと。僕もそれができれば、1つ上のレベルに行けるかなと思います。

根尾 確かに逆方向に打球が飛ぶことが、自分にとって1つの・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング