週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト1位クローズアップ

中日1位・根尾昂&ロッテ1位・藤原恭大(大阪桐蔭高) 唯一無二の存在目指し踏み出すプロの第一歩

 

「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が10月25日、東京都内のホテルで開催された。広島ソフトバンクによる日本シリーズ開幕2日前、全国の野球ファンが逸材たちの人生の岐路に注目。NPBドラフトで83人、育成ドラフトで21人の計104人が指名された運命の「10.25」を徹底特集する。
取材・文=米虫紀子 写真=毛受亮介、BBM

今ドラフトは大阪桐蔭高を中心に展開された。1巡目入札では根尾4球団、藤原3球団と人気を集めた


藤原が3連続指名も両者の表情は変わらず


 藤原。藤原。藤原。

 平成最後のドラフト会議は驚きの幕開けだった。

 今年のドラフトの主役は根尾昂と見られていた。甲子園で史上初の2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭高の二刀流選手。投げては最速150キロを記録し、遊撃の守備では抜群の身のこなしで難しい打球も軽やかにさばく。今夏の甲子園では3本塁打を放ち、打率も4割超え。計り知れない可能性を秘めた逸材だ。

 10月5日に中日が早々と根尾の1位指名を公表。その後、ヤクルト巨人も続き、高校生としては最多タイの7球団競合もささやかれた。

 一方の藤原恭大は、50m5秒7の俊足を持ち、攻守走をハイレベルで備えた高校NO.1外野手。今夏の甲子園では四番として3本塁打を記録し、根尾を上回る打率.462を残した。藤原に対してはロッテが1位指名を公表していた。

 大阪桐蔭高からは柿木蓮横川凱もプロ志望届を提出していたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング