週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト1位クローズアップ

広島1位・小園海斗(報徳学園高) 目指すはトリプルスリー。カープ黄金時代の主力に「打って、守って、走れる選手。山田(哲人)さんのような選手に憧れます」

 

「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が10月25日、東京都内のホテルで開催された。広島ソフトバンクによる日本シリーズ開幕2日前、全国の野球ファンが逸材たちの人生の岐路に注目。NPBドラフトで83人、育成ドラフトで21人の計104人が指名された運命の「10.25」を徹底特集する。
取材・文=沢井史 写真=石井愛子、BBM

高校3年間で精神的にも大きく成長を果たした。指名後はチームメートから盛大に祝福された


4球団が競合!緊張で手汗がすごい


 攻守走3拍子そろった将来性の高い遊撃手として高校1年時から注目を浴びてきた。1年春から名門のレギュラーに定着し、2年連続のU18日本代表に2度の甲子園出場……数え切れないほどの経歴を胸に、いよいよ小園海斗がプロの世界へ飛び込む。4球団の競合ののち、広島が交渉権を獲得したが、根尾昂(大阪桐蔭高、中日1位指名)と並ぶ多くの球団が競合したことよりも「夢だった1位指名を受けたことはすごくうれしいです」と笑顔を浮かべた小園。「人生で一番緊張しました。(手をズボンで拭くポーズを見せながら)手汗をすごくかいてしまって(笑)。こんなに緊張するもんなんやと思いました」と報道陣の笑いを誘うシーンもあったが、どんな場でもなごませる穏やかで明るい性格も小園のセールスポイントでもある。

 肩の強さを生かした守備範囲の広さ、そして走塁。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング