週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト1位クローズアップ

西武1位・松本航(日体大) 努力でつかんだ最高の評価。155キロ右腕が目指す頂「松坂大輔さんや則本昂大さんのような、信頼される先発ピッチャーになっていきたい」

 

「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が10月25日、東京都内のホテルで開催された。広島ソフトバンクによる日本シリーズ開幕2日前、全国の野球ファンが逸材たちの人生の岐路に注目。NPBドラフトで83人、育成ドラフトで21人の計104人が指名された運命の「10.25」を徹底特集する。
取材・文=松井進作 写真=椛本結城

チームメートに胴上げされる松本。4年時には主将としてもナインをけん引した


驚異の回転数を誇る自慢のストレート


 日体大で過ごした4年間は決して遠回りではなく、自分自身をひとまわりも、ふたまわりも大きく成長させてくれた時間となった。明石商高1年時からプロの注目を集め、2年時には「近畿NO.1右腕」の評価も得ていた松本航。甲子園出場の夢こそ叶わなかったが、プロを志望すれば指名は確実と言われていた。それでも「まだまだ自分はプロとか言えるレベルじゃない。大学でもっと成長したい」とプロへの憧れはあったが、進学を決めた。

 早熟の才能は大学でも伸びやかに育まれ、多くの人との出会いにも恵まれた。特に元中日でプレー経験もある辻孟彦投手コーチの存在は松本の成長を語る上で欠かせないキーパーソンとなった。大学1年の秋、転機となったエピソードがある・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング