週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト総決算 注目選手Check

野村大樹、引地秀一郎、勝又温史 同世代には負けない!今夏の甲子園不出場組の誓い

 

同世代に負けるつもりはない──。今ドラフトで指名を受けた高校生は2000年生まれの“ミレニアル世代”と注目を集めてきた。そんな今夏の甲子園を沸かせた18歳たちの指名先に話題が集まったが、同世代には、まだまだ多数の逸材がいる。その中で指名を受けた3選手をクローズアップ。まずは2年春のセンバツ以降、甲子園に戻ることができなかった早実の右打者だ。

ソフトバンク3位・野村大樹(早実) 世界一の選手を目指す右の強打者


取材・文=大平明 写真=菅原淳

野村大樹/早実/内野手


偉大な先輩を追って

「うれしくて、涙が出そうでした」

 ソフトバンクからドラフト3位で指名された瞬間を聞かれ、野村大樹は満面の笑顔でそう答えた。

 野村といえば、大阪福島リトルシニアに所属していた中学時代から侍ジャパンU15日本代表に選ばれるなど将来を有望視されていた右打ちの強打者。早実でも1年夏から四番を務め、高校通算本塁打は68本。しかも、印象的な場面での一発も多く、1年秋の日大三高との東京大会決勝では優勝を決めるサヨナラ2ラン。今夏の4回戦の八王子高戦では高校最後の打席を2打席連続となる一発で締めくくった。さらに、大舞台でも臆することのない強心臓の持ち主で、2年春に出場したセンバツでは9打数5安打2打点。指導にあたっていた和泉実監督は「勝負強く、野球を知っている」と評価しており、野村本人も「長打が欲しいときは長打を、単打が欲しいときは単打を打てるところがセールスポイント」と状況に合わせた打撃ができるところも強みだ。

 プロで対戦したい投手として熱望するのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング