週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト1位クローズアップ

オリックス1位・太田椋(天理高) 人間性も成長をした将来のチームリーダー候補「優勝するために、自分は何ができるかを考えながらプレーしたい」

 

「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が10月25日、東京都内のホテルで開催された。広島ソフトバンクによる日本シリーズ開幕2日前、全国の野球ファンが逸材たちの人生の岐路に注目。NPBドラフトで83人、育成ドラフトで21人の計104人が指名された運命の「10.25」を徹底特集する。
取材・文=椎屋博幸 写真=江見洋子

オリックスから1位指名され、ビックリしながらも喜びの表情を見せる太田


2年で野球の技術が飛躍。3年でひと回り大きな人間に


「まさか」という戸惑いとうれしさが混同した表情になった。オリックスの1位指名に笑顔を見せた太田椋は「早く名前を呼んでほしいとは思っていましたが、1位とは」と喜びをかみしめた。

 大阪桐蔭高の根尾昂、報徳学園高の小園海斗とともに「遊撃手ビッグ3」と言われた。中学時代にはU15の日本代表にも選出された。1年の夏からレギュラーとなり、高校通算31本塁打の長打力も持ち合わせ、50m6秒1の俊足。守備も堅実だ。

 高校2年の春から夏にかけ守備力が飛躍的に伸びた。1980年夏の甲子園で4強に入ったときの名遊撃手だった大西卓也副部長が指導にあたり「飛躍的な守備力を身に付けた」(中村良二監督)。2年の夏で攻守走においてプロのスカウトが注目する存在になった。

 中村監督は新チームになり太田を主将に指名。そこから・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング