週刊ベースボールONLINE

激動の平成移籍史

ソフトバンク・大型補強で地固めしたが今は生え抜き軸で黄金期に/球団別平成移籍史

 

ここからは平成の移籍の歴史を球団別に見ていく。豊富な補強資金で大物の獲得を繰り返すチーム、逆に流出ばかりが目立つチームといろいろだ。現存の12球団に加え、オリックスと吸収合併した近鉄についても、別出しで紹介する。
(写真キャプションの「移籍」は他球団への移籍)

左から内山智之秋山幸二渡辺智男[平成5年オフ入団]


 昭和63年、1988年限りで南海がダイエーに球団経営を譲渡。平成元年(89年)からは拠点を福岡に移した。平成5年(93年)、“球界の寝業師”の異名を取る根本陸夫監督就任後、戦力の入れ替えが活発化し、同年オフには佐々木誠村田勝喜橋本武広西武・秋山幸二、渡辺智男、内山智之との3対3のトレードを行った。九州・熊本出身の秋山は新天地でもチームリーダーぶりを発揮し、引退後には監督にもなっている。

 翌6年(94年)オフには・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング