週刊ベースボールONLINE

どうなる?2020の勢力図

オリックス・育成で戦力向上を図る一方“新助っ人探し”を継続中/球団別移籍通信簿

 

2019年12月23日号の本誌では、冒頭から今年の移籍戦線で特出した傾向を見せた楽天ロッテ巨人の3球団について検証したが、もちろん、残る9球団にも大きな動きがあった。ここで12月8日時点の情報から各球団の移籍戦線を5段階で評価してみた(AからE)。

【IN】
アダム・ジョーンズ(ダイヤモンドバックスFA)
【OUT】
ステフェン・ロメロ(自由契約)、クリス・マレーロ(自由契約)、岸田護(二軍投手コーチ)

獲得間近とも言われるロドリゲス。ロメロの穴を埋められるか/写真=Getty Images


 自前で選手を育て上げ、低迷打破を期す。5年連続Bクラス、3年ぶりの最下位に終わった今季だが、FA権行使の申請期間だった10月24日に、福良淳一GMが「(FA戦線には参加)しません」と語ったように、現時点での補強はなし(※その後、アダム・ジョーンズ選手との契約を発表)。新戦力はドラフトで指名した支配下5人、育成8人のみだ。ゲーム差なしのリーグ2位となった2014年オフには総額約35億円の大型補強も、翌年からBクラスに低迷。その失敗を・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング