週刊ベースボールONLINE

清原和博、栄光と転落
1987年、日本シリーズの涙

 

 日本シリーズの涙……。清原和博のプロ野球人生を語るうえで、忘れることのできない1シーンである。1987年11月1日、西武球場の日本シリーズ第6戦。9回表、巨人の攻撃は二死となっていた。スコアは3対1と西武リード。3勝2敗としていた西武は、日本一まで、あとわずかに迫っていた。

「それじゃ守れんだろが!」

 セカンドの辻発彦が声をかけた。巨人・篠塚利夫が打席に入ったとき、すでに一塁手の清原は号泣していた。マウンドの工藤公康が「あ〜あ、泣くのは後にしろよ」と口をとがらせて言い、グラブを持っている手をヒラヒラさせている。内心、「内野ゴロはやべえな。高めでフライを打たせようか」と思っていたという。

 清原は「自然にこみあげてきたんです。守備に就いたときから足がガタガタ震え、涙が出てきました」と振り返る。当然、思いは2年前のドラフト会議にさかのぼっていたのだろう。“相思相愛”と思われた巨人が自分を指名せず、プロを拒否したはずの盟友・桑田真澄を1位指名。ボロボロと悔し涙を流した・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング