週刊ベースボールONLINE

2017新戦力CHECK キャンプ中間報告

2017注目ルーキーチェック 広島

 

昨秋のドラフトで指名され入団した86人のルーキーたちは、12球団各チームのキャンプに参加。厳しいプロの世界で、早くもふるいにかけられているが、2017年の傾向としては、投手に即戦力候補が多い。3月31日にセパ同時開幕を迎えるシーズンで、どれほどの若者が一軍の舞台で輝けるのだろうか。さまざまな視点からチェックする
「球速」=ボールの速さ、「制球力」=コントロール、「球種」=変化球のバリエーション。現時点の実力によって「即戦力」(一軍での活躍が期待)、「育成」(開幕時は二軍で育成)にタイプ分け

広島・加藤拓也投手


慶応高→慶大→ドラフト1位・23歳・176cm88kg・右投右打


タイプ 即戦力
球速  A
制球力 C
球種  B

侍ジャパン斬りの剛球

 キャンプ第1クール5日間では4度のブルペン入り。2月7日のフリー打撃の翌日にもブルペンで83球を投げるなど、着実にフォームを固めている。そのフリー打撃では菊池涼介田中広輔鈴木誠也と侍ジャパンメンバーを相手に38球を投げて安打性の当たりはゼロ。ややコントロールに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー