週刊ベースボールONLINE

混パを巻き起こせ!チームリーダーの決意

ロッテ・鈴木大地インタビュー 新しい自分「“新しい自分”をいい形で見せることができれば、チームにもプラスになる」

 

カモメ軍団のキャプテンは、2017年シーズンも4年目となるチームリーダーを担う。しかし、図らずも大きな変化が求められることになった。“変化”を“進化”の契機とするために、“新しい自分”を見せるために、誰よりも汗を流している。
取材・構成=杉浦多夢、写真=高塩隆、上野弘明


電撃コンバートで新たなスタート


キャンプインの前日、チームに衝撃が走った。昨季のベストナイン遊撃手である鈴木大地が二塁へ電撃コンバート──。伊東勤監督がキャプテンにサラリと告げた一言は、チーム内競争を活性化させるという指揮官の強い意志の表れだ。そして、鈴木にとってはこれまでのシーズンとは違う、新たな挑戦に向けてのスタートとなった。

──今年は鈴木選手にとってもこれまでとは少し違ったキャンプインになったかと思います。

鈴木 フィジカル的には順調でしたし、しっかり練習もできました。ただポジションが変わったので、その部分での評価としてはまだまだ100%ではないですけど、非常にいいキャンプが送れましたね。

──二塁へのコンバートを告げられたのはどういったタイミングだったのでしょうか。

鈴木 キャンプインの前日です。1月31日に自主練習があったんですが、ウオーミングアップをしているときに伊東(勤)監督に呼ばれて・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー