週刊ベースボールONLINE

ペナントレース2017

広島・投打に充実の陣容でリーグ連覇へ好発進

2017年4月21日(金) 11:00 

早くも開幕から5カードが経過。チーム状態はさまざまだが、12球団で最高のスタートに成功したのが、37年ぶりの連覇を目指す広島だ。主力の好調に新戦力の台頭。他球団がうらやむ充実ぶりを探る。
※記録は4月16日現在

4月15日の阪神戦[甲子園]でプロ初完投勝利を飾った岡田/写真=小山真司


岡田、九里、加藤、床田……若手が故障者をカバー


 昨季に25年ぶりのVを果たした広島。他チームを圧倒した投打は今季も衰えは見られず、4月1日の阪神戦[マツダ広島]から13日の巨人戦[東京ドーム]まで1引き分けを挟んで10連勝を果たすなど、15試合を終えて11勝3敗1引き分け、勝率.786と盤石の戦いぶり。打率.283、90得点、12本塁打、16盗塁、防護率3.04とチーム記録の多くでリーグトップに立ち、2位の阪神に2.5ゲーム差をつけている。

 チーム状態は決して万全ではない。守備・走塁のスペシャリストである赤松真人を胃がんの手術のために開幕から欠き、左腕エースのジョンソンは咽頭炎のために4月5日に登録抹消。クローザーの中崎翔太も腰痛症で10日に離脱した。それでも勝利を重ねられているのは、若き先発投手たちの台頭によるものだろう。

 昨季に日米通算200勝を挙げて引退した黒田博樹の穴。それをカバーしているのが、2年目の岡田明丈と4年目の九里亜蓮だ。

 岡田は初登板となった1日の阪神戦[マツダ広島]こそ力みを見せて4回6失点と崩れたものの、8日のヤクルト戦(同)では8回1/3を5安打1失点、15日の阪神戦[甲子園]では4安打1失点で自身初完投勝利を飾った。15日の阪神戦では課題だった制球が安定し、100球を超えながら最速151キロをマークするなど抜群の内容。

「真っすぐが良くて最初から全力で行けた」と手応えを得た。

 九里は2日の阪神戦[マツダ広島]、9日のヤクルト戦(同)、16日の阪神戦[甲子園]と3試合連続でクオリティスタートをマーク。早くも自己最多タイの2勝を挙げ、安定感は投手陣の中でも際立っている。キャンプから磨いてきたインコース攻めで痛打を許さず、「打者の反応を見ながら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング