週刊ベースボールONLINE

激闘ペナントレース2017

夏の首位戦線に異状あり? 広島独走気配のセと2強のパ

 

7月7日のヤクルト戦[神宮]、9回表逆転の代打3ランを放った新井が右手を高々と突き上げる/写真=内田孝治


早くもセ界に決着?


 7月7日、七夕の神宮球場。3対8と劣勢の9回表を前に、広島新井貴浩は、「ベンチの誰もあきらめていなかった」と振り返る。

 首位争いの正念場ではない。2位の阪神とも大差がある。5点差で最終回となれば、「今日はもう無理」という雰囲気になっても仕方あるまい。

 だが、新井の言葉どおり、広島はマウンドに立ったツバメの新クローザー、小川泰弘にすさまじい勢いで襲い掛かった。バティスタ菊池涼介がソロ本塁打、松山竜平が1点適時打で2点差。その後、二死一、三塁で打席に入ったのが、代打・新井だ。昨年のMVPながら、新四番に鈴木誠也が定着したこともあって控えが増えた。決して代打成功率が高いわけではないが、そのとき明らかに神宮の空気が変わる。地鳴りのような歓声が沸き、菊池は試合後、「新井さんが出たときの歓声を聞きましたか? みんな信じていたんですよ」と、自身も一ファンであるかのように目を輝かせた。40歳のベテランが、若いチームの中で、どのような存在なのかが分かる。

「回ってくる予感はしていた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング