週刊ベースボールONLINE

ZOOM-UP

雄星の「反則投球騒動」伝え方、受け取り方で混乱に……

 

突然、沸き起こった西武菊池雄星の「二段モーション」にまつわる騒動。すでに終結はしたが、簡単に経緯を振り返っておく。

8月24日、2度目の指摘を受けたソフトバンク戦[ヤフオクドーム]では、動揺のためかこの後一気に崩れた/写真=湯浅芳昭


 一時期、情報が錯そうした。

 前提として、西武の左腕・菊池雄星の右足を上下動させるフォームは、流れの中にあり、1球1球で変わるものではないので、国際大会であれ、突然、宣告を受けることはないだろう。ただ、間違いなく、二段モーション、いわゆる反則投球であることは確かだ。今回はその伝え方、言われた側の受け取り方で混乱が生じた。

 二段モーションは昔から高校野球では厳しくチェックされていたが、プロ野球では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー