週刊ベースボールONLINE

大谷翔平密着ドキュメント この道の彼方に

Vol.10 理想と現実の狭間で

 

4回表に福田に痛恨の3ランを浴びた大谷/写真=高原由佳


50日ぶりの先発登板も結果を残せず…


 必然の結果だった──というのは言い過ぎだろうか。4回、パ・リーグ首位を快走する鷹打線に沈められた。今シーズン初登板となった7月12日のオリックス戦[京セラドーム]以来50日ぶりのマウンド。前回よりは準備の時間は取れた。打者としての出場を続けながらも、1カードに一度はブルペン入りしてフォームを固めた。それでも投球練習での最多の球数は58球。二軍での調整登板もなかった。

 その中で迎えた8月31日のソフトバンク戦・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー