週刊ベースボールONLINE

新進気鋭インタビュー

ヤクルト・山崎晃大朗インタビュー 小兵は小兵なりに 「今は使ってもらっている身。アピールを続けたい」

 

小柄な体を最大限に生かし、フィールド内を駆け回る山崎晃大朗。今季限りで真中満監督が退任。「背番号31」の後継者は、恩返しの一打を打つべく、最後の最後まで全力プレーを貫く。
取材・構成=富田庸、写真=桜井ひとし、川口洋邦(インタビュー)、BBM ※記録は9月3日現在


自分らしさをアピール


今季2度目の一軍昇格を果たしたのは7月25日。故障により今季絶望となった雄平の代役として、持ち味を発揮している真っ最中だ。超攻撃型二番・川端慎吾と同じことは決してできないが、自らの色を出しながら、打線のつなぎ役としてプレーしている。

──プロ2年目を戦っているわけですが、ここまでのプレーを振り返ってみていかがでしょうか。

山崎 開幕を二軍で迎え、4月に一度、一軍に上がりましたけど、すぐに降格しました。7月に一軍に戻ってきたわけですけど、4月のときと比べて、落ち着いて打席に入れていると実感しています。やるべきことを整理しながら試合に臨めているので、1日1日、少しずつでも成長できているのかなと自分では思います。

──4月にできなかったことが今できているということは、二軍で過ごした時間が大きかったと。

山崎 そうですね、4月の下旬から5月、6月、7月という3カ月の間をファームで過ごして、自分のやるべきことというか、自分の打撃をしっかりと見つめ直すことができたと思います。

──今季の二軍成績は打率.290がリーグ2位、出塁率.361が同3位、24盗塁が同トップ(9月3日現在)。攻撃面で進境を示しての一軍昇格でした。「自分のやるべきこと」はどこにあると考えていますか。

山崎 やっぱり逆方向に強いゴロを打てることが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー