週刊ベースボールONLINE

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017

新生ジャパンの初陣メンバー25人が決定!! 2020金メダルへの第一歩

 

2020年の東京五輪での金メダル獲得へ向け、新生・侍ジャパンが動き出す。10月12日、都内ホテルにて11月16日から東京ドームで開催される稲葉篤紀新監督率いる侍ジャパンの初陣『アジアプロ野球チャンピオンシップ2017』に出場するメンバーが発表された。3年後を見据えたフレッシュな人選に注目してほしい。
写真=山口高明

初陣に向け気を引き締める稲葉篤紀監督[左]。メンバー発表後には今大会に出場する韓国の宣銅烈監督[右]、台湾の洪一中監督[中]が登壇し、初代王者を誓った


 時計の針が、再び動き出す。今春の第4回WBCで準決勝まで駒を進めたものの、メジャー・リーガーをそろえた開催国・アメリカに敗れ、2大会連続の4位に終わった侍ジャパン(小久保裕紀監督)。この大会に向けて2013年に代表チームの常設化がなされ、チーム強化をバックアップする目的で(株)NPBエンタープライズが設立されるなど、万全(?)の態勢をしいて唯一のターゲットである「世界一奪回」を目指したが、タイトル獲得には至らなかった。この大会を最後に4年間チームを率いた小久保監督が退任。直後にペナントレース開幕となったため、ジャパンの活動は停止していたが、7月31日、トップチーム監督に、小久保監督体制では打撃コーチを務めた稲葉篤紀氏が就任し、次なるターゲットを3年後に迫った「2020東京五輪での金メダル獲得」と定め、メンバー選考に着手していた。

 10月12日に発表された稲葉ジャパンメンバーは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー