週刊ベースボールONLINE

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017

【侍ジャパン戦力分析】投手力はジャパンの強み

 

稲葉篤紀監督体制の大事なスタートではあるが、新設の『アジアプロ野球チャンピオンシップ』はセレクションの場、といって差し支えないだろう。大会参加資格に24歳以下等の制限があるため、今春のWBCを戦った現日本球界のトップ選手は参加しない。2020年の東京オリンピック本番に、今回出場の28選手のうち、果たして何人が生き残れるか。若きタレントたちのパフォーマンスに期待しつつ、招集メンバーの戦力を分析し、指揮官の考えと照らし合わせながら、起用方法を予想してみる。


投手分析&起用予想


 日本のストロングポイントとは何か。侍ジャパンが2013年に常設化される、それ以前から、日本は「投手力」を前面に押し出し、世界を相手に勝利を収めてきた。その伝統は受け継がれ、新生侍ジャパンを率いる稲葉篤紀監督も「日本の強みは投手力」を公言する。今大会では、菅野智之(巨人)、則本昂大(楽天)、千賀滉大(ソフトバンク)らの参加はないが、東京五輪で軸となるであろう彼ら3人に次ぐ先発投手発掘が大きなテーマの1つ。中でも今春のWBCを戦ったメンバーにはいなかった左腕には要注目だ。

 候補は今季2ケタ勝利を挙げたセ・リーグ2投手。まずはプロ入り2年目で初の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー