週刊ベースボールONLINE

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017

【侍ジャパン戦力分析】火花散る捕手&遊撃争い

 

稲葉篤紀監督体制の大事なスタートではあるが、新設の『アジアプロ野球チャンピオンシップ』はセレクションの場、といって差し支えないだろう。大会参加資格に24歳以下等の制限があるため、今春のWBCを戦った現日本球界のトップ選手は参加しない。2020年の東京オリンピック本番に、今回出場の28選手のうち、果たして何人が生き残れるか。若きタレントたちのパフォーマンスに期待しつつ、招集メンバーの戦力を分析し、指揮官の考えと照らし合わせながら、起用方法を予想してみる。


野手分析&起用予想


 注目は捕手と、ポスト・坂本勇人の遊撃手争いと言えるのではないか。

 稲葉篤紀監督のインタビューでも触れられているように、かつての古田敦也(元ヤクルト)、城島健司(元ソフトバンク他)、里崎智也(元ロッテ)、阿部慎之助(巨人)のような、代表でも迷わずマスクを任せられる絶対的な捕手は、残念ながら現在の球界には不在。過去2年では今春WBCで全試合に先発マスクをかぶった小林誠司(巨人)が2年連続で規定打席に達しただけで、あとは今季の中村悠平(ヤクルト)のみ。パは1人もおらず、稲葉監督も“3年後の正捕手”に頭を悩ませている。

 ただし、甲斐拓也(ソフトバンク)、田村龍弘(ロッテ)はそれに準ずる・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー