週刊ベースボールONLINE

12球団2017年シーズン回顧

【2017年シーズン回顧】DeNA・セリーグ3位から躍進。日本シリーズの経験を財産に

 

シーズン序盤は我慢の戦いを強いられたが、Aクラスを死守。CSを突破し迎えた19年ぶりの日本シリーズでは、パ王者を前に力の差を見せつけられ、同時に、課題も浮き彫りとなった。

[2017年成績]
73勝65敗5分勝率.529
597得点、598失点、打率.252(2位)
134本塁打、39盗塁、防御率3.81(4位)

首位から14.5ゲーム差をつけられながらの日本シリーズ進出。「史上最大の下克上」はならなかったが大きな経験を得た


16年ぶりの5割超え


 就任2年目のラミレス監督が成長をうながしてきた選手が結果を出し始め、少しずつ形になってきた。J.ロペス筒香嘉智宮崎敏郎のクリーンアップは頼もしかったものの、チーム全体の攻撃力、得点力では広島に遠く及ばなかった。投手力では巨人のような絶対的な先発陣がそろっていたわけでもない。それでも、指揮官は保有戦力を見極めて、信念を貫きながらもフレキシブルな手綱さばきで、2001年以来(当時は森祇晶監督)、16年ぶりに勝率5割を上回った。

 シーズン序盤は苦しい時期が続いた。WBCを戦った筒香の不振、中継ぎの不調もあり、投打がかみ合わず借金生活。3月、4月は11勝12敗、5月は12勝13敗と負け越した。しかし、6月以降・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング