週刊ベースボールONLINE

データで検証!攻守走「格付け」チェック

編集部選定で主力選手を「AA」から「C」まで6段階評価。12球団ポジション別 攻守走「格付け」チェック! 投手部門パ・リーグ編

 

2018年に向けた補強も一段落した。まだまだ新人、新外国人選手と未知数の要素も多いが、それはキャンプで“実物”を見てからとし、今回は12球団の各ポジションの主力選手たちをデータで検証し、「格付け」していこう。
写真=BBM ※2018年在籍、および去就未定FA海外選手が対象。基本的には2017年のデータを基にしたポジション内の評価で、チーム成績も加味しています。

サファテ[ソフトバンク] 総合評価AA 投AA 守BB 走- 打-


ホークスを中心にセを圧する逸材ぞろい


 続いてパ・リーグの投手たちだ。各チームのエース級投手の成績はセを圧倒。特にソフトバンクのリリーフ陣の充実度は長い球史の中でも屈指だ。

 パ・リーグではソフトバンクの盤石ぶりが光る。12球団トップのチーム防御率3.22で、うち先発3.46、リリーフ2.78。上位チームは西武が先発3.64、リリーフ3.32、楽天が先発3.35、リリーフ3.30で、ソフトバンクのリリーフ陣が別格であることが分かる。ただ、逆に先発の完投数はリーグ最少の4試合と物足りない。ただし、それも先発の力不足というよりは、勝利の方程式が確立していたからと言ったほうがいい。

 話が少し逸れるが、17年のパの完投57試合に対し、セは34試合とかなり少ない。これは投手の地力の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング