週刊ベースボールONLINE

プレミアムインタビュー

日本ハム・栗山英樹監督インタビュー 新生ファイターズの幕開け 「(清宮)幸太郎は1年目から使います。2020年に侍ジャパンの戦力にするためにも」

 

昨年は日本一から一転、5位に低迷した栗山ファイターズ。オフには大谷翔平をはじめ、多くの主力が移籍し、チームはいま大きな転換期を迎えているとも言える。それでも指揮官に悲壮感は一切なし。真っ青なアリゾナの空の下で逆襲への秘策、胸に秘める2018年シーズンへの決意を語ってもらった。
取材・構成=松井進作、写真=山口高明(インタビュー)、高原由佳


情熱の指揮官が描く覇権奪回への青写真


監督就任7年目を迎えた2018年シーズン、情熱の指揮官は新たなチームの胎動に確かな手応えも感じながら、開幕に向けて用意周到に準備を進めている。新生ファイターズ幕開けの1年。栗山英樹監督が思い描く戦力構想の全貌に迫った。

──アメリカ・アリゾナ州での春季キャンプも第3クールに入りましたが、2018年シーズンの戦力構想の全体像は、栗山監督の中で思い描けていますか。

栗山 (うなずきながら)チームとして、こういうふうに2018年は戦うんだというものはだいぶこのキャンプで見えてはきましたね。レギュラーを一度白紙に戻すと言い続けてきましたけど、1つや2つはすでに確定と言ってもいいポジションもあります。一方でこんな選手がここを守るのかっていう状況もあり、そういう意味ではすごく楽しみなシーズンになりそうだなと大きな期待感が僕の中ではあります。

──チームの要でもあった大谷翔平選手(エンゼルス)を筆頭に、増井浩俊選手(オリックス)、大野奨太選手(中日)、マーティン選手(レンジャーズ)らが抜けた中での船出となりますが、十分にその穴を埋められる手応えはある、と。

栗山 彼らが抜けたことのマイナスイメージがどうしても強いと思うんですけど、フロントも含めて僕らは実は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング