週刊ベースボールONLINE

2018 今季、変わる男たち

ロッテ・井口資仁インタビュー “改革”の旗手として── 「チームも球団も選手たちも少しずつ変わってきているのが感じられる」

 

選手から指揮官への転身という大きな“変化”の先に、“チーム改革”というさらに大きな任務が待ち構えている。指導経験がないことをハンディだとは考えていない。選手として誰よりも間近にチームを見てきたからだ。そのために、やるべきことは分かっている。
取材・構成=杉浦多夢、写真=高塩隆、上野弘明


選手たちとの変わらぬコミュニケーション


現役引退から即、監督へ就任した。最下位からの巻き返しとチームの再建を託された43歳の若き指揮官は、さっそくさまざまなアクションを起こしてチームを変革しようとしている。

──現役を引退して監督に就任し、体を動かさない生活にも慣れてきましたか。

井口 ようやく少しは慣れてきましたね(笑)。

──春季キャンプの手応えはいかがでしょうか。

井口 選手にはキャンプ初日から実戦ができる体を作ってきてくれ、ということを伝えていました。まあ初日は雨で室内練習だったのですが、体作りも含めて選手の気持ち、今年に懸ける意気込みは伝わってきましたね。昨年はすべての面でほぼ最下位の成績でしたから、そこを一つずつクリアしていこうということでやってきました。

──監督に就任して最初のアクションが秋季キャンプでの鈴木大地選手の三塁コンバートでした。

井口 ほかの選手も生かすという意味でも、大地の今後のことを考えても、やっぱりサードが一番合っているんじゃないかなと。昨年はサードのスローイングエラーが多くて、その安定感も含めたら鈴木大地が一番だと思いました。ホットコーナーと呼ばれるチームを引っ張っていくポジションですし、大地には・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング