週刊ベースボールONLINE

犬鷲投手陣のキーマン

楽天・美馬学インタビュー 自分らしくわが道を 「尊敬する大エース2人についていくのが一番」

 

昨季、自身初の2ケタ勝利を挙げ、則本昂大岸孝之とともに「先発3本柱」と呼ばれた。ただ、美馬学自身にそこまでの意識はまだ存在しない。背番号が「15」に変わった今季も力むことなく、自分らしくマイペースに自らの仕事をまっとうするつもりだ。
取材・構成=富田庸、写真=上野弘明(インタビュー)、BBM


初の2ケタ勝利で見えてきたもの


結果を出せたという自信が大きかったのか。これまで以上に充実した表情を見せている。先発投手として一つの形を残した美馬は、その経験を新たなシーズンに生かすべく着々と準備を進めている。

── 春季キャンプが2月1日にスタート。沖縄・久米島の一次を経て、金武町に移動しての二次キャンプが終わり、オープン戦に突入しています。調整具合を聞かせてください。

美馬 結構、スタートから調子が良かったですね。良いキャンプが送れたかなと思っています。順調です。

── 昨季を振り返ると、初めてのことが多かったように思います。

美馬 そうですね。開幕投手に始まり、オールスターに出させてもらい、2ケタ勝利も……。レベルの高い経験をさせてもらったので、僕の中では本当に成長できた1年だったなと思っています。

── 開幕投手が予定されていた岸孝之選手がインフルエンザにかかり、その代理で大役が回ってきました。

美馬 そうなんです(苦笑)。でも代役だったので、そこまでプレッシャーはなくて、自分にとっての単なる開幕という気持ちでしたよ。

── それでも開幕の雰囲気は違うと経験した投手は言います。

美馬 でも、そこまで特別感はなく、普通に入れたかなと。それと京セラドームでしたから。ホームでの開幕戦ではなかったので、特別気負うこともなく試合に入れました。

── 勝ち星こそつきませんでしたが、大役を終えた充実感はあったのでは。

美馬 開幕前、体の状態が良くなく・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング