週刊ベースボールONLINE

春を待つ新進気鋭の男たち

阪神・才木浩人インタビュー 若きエース候補 「『甲子園でもう一度投げたい』が現在のモチベーション」

 

新進気鋭の選手たちに迫る連載インタビュー。189センチの長身から投げ下ろす角度のある150キロ台の真っすぐを武器に次々と空振りを奪う強気の投球で開幕先発ローテ入りを目指す才木浩人。今季20歳になる高卒2年目の長身投手が阪神キャンプで今、注目の的になっている。
取材・構成=椎屋博幸、写真=小山真司


質を上げる投球フォームへ


宜野座キャンプの実戦で投げるたびに好成績を残し、いまやマウンドに上がればファンから歓声が上がるまでの存在感を見せ始めた。角度のある腕の振りから放たれる真っすぐに、打者のバットは空を切る。投球フォーム自体に勢いもあり、内角も平気で突ける強気な投球スタイルにも魅力を感じる。だがそこに満足せず、さらに完成度の高い投球フォーム作りを目指している。

──高卒2年目で一軍のキャンプを走り抜けようとしていますね。

才木 ケガもなくここまで来ています。すごくいい感じで来ています。

──投球の中で一番意識していることは何でしょうか。

才木 真っすぐの質を上げていきたいという気持ちがすごく強いです。ただ、自分から意識して、角度をつけようとして投げると、投球フォームのバランスを崩してしまうと思っています。質を上げようとする中で、ボールの出所での角度は勝手につくと思っています。

──投球フォームの中でどういう部分を意識すれば、ボールの質は上がるのでしょう。

才木 一番は、左足を上げて1本足で立ったときから、リリースまでのバランスをしっかり意識することだと思います。そこにムダな動きや、入れたらいけない力などを入れないように・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング