週刊ベースボールONLINE

対論 “ヘッドコーチとは?”

青山道雄(DeNA)×伊原春樹(野球解説者) 対論“ヘッドコーチとは?”「ラミレス監督の野球観を理解するために、いろいろな質問をしました」

 

2007年から巨人ヘッドコーチとしてリーグ3連覇に尽力した伊原春樹氏が各チームのヘッドコーチを直撃する連載の最終回、対談相手はDeNA青山道雄ヘッドコーチだ。昨年、CSを勝ち抜いて日本シリーズに進出したDeNA。青山ヘッドコーチもラミレス監督をさらにサポートして、今年は悲願のリーグ優勝をつかむ覚悟だ。
構成=小林光男、写真=BBM


監督を一人にさせないのも仕事


伊原 今年でラミレス監督の下でヘッドコーチを務めて2年目になるけど、その役割は自分の中でどのようにとらえている?

青山 やはり、まず監督が考えている野球をチーム全体に浸透させることが第一になります。あとは選手の状況や作戦等を監督にアドバイスする。大きく分けると、この2つがヘッドコーチの役割となるのではないでしょうか。

伊原 ヘッドコーチは監督に常に寄り添っていなければいけない。だから監督とヘッドコーチは“夫婦関係”にも例えられる。青山ヘッドコーチは昨年、初めてラミレス監督とコンビを組んだわけだけど、どのように信頼関係を築いていった?

青山 確かに監督も私がどういう野球観を持っているのか、どういう人間性なのか、当初は探り探りだったと思います。昨年、私はとにかくいかに監督に信頼されるか、ということを考えていた1年間だったと思います。だから、私も監督の野球を理解・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング