週刊ベースボールONLINE

逆襲を誓うロッテのキーマン対談

ロッテ・鈴木大地×加藤翔平スペシャルクロストーク「オレたちがチームを引っ張る!」

 

昨季まで4年連続でキャプテンの重責を担ったチームリーダーの鈴木大地と、今季から背番号「10」を背負い、強固な外野陣の中でレギュラーの座をうかがう加藤翔平。新体制で逆襲を誓うロッテのキーマンであり、プライベートでも仲の良い2人が、新シーズンへの意気込みを語り合った。
取材・構成=杉浦多夢、写真=上野弘明(インタビュー)、高塩隆


生魚は食べられない!?


東洋大出身の鈴木大地と上武大出身の加藤翔平。ともに大卒でロッテに入団、学年は1年違い、内外野の違いはあれど同じ野手。気づけばプライベートでも距離は縮まり、今では家族ぐるみの付き合いを続ける。

鈴木 翔平とは同じ大卒だけど、大学時代、東洋大と上武大はよく練習試合をしたよな。上武の谷口(英規)監督は昨年やめられた東洋の高橋(昭雄)監督の教え子だったから。

加藤 練習試合でも負けたらやばいんですよね。上武の監督さんは「東都、六大には負けるな!」とずっと言っていて。特に東洋をすごくライバル視されていたので。

鈴木 でも大学時代は翔平のことをあまりよく知らなかった。上武に足が速いやつがいるっていうのは聞いていたんだけど。

加藤 逆に大地さんはジャパンでもキャプテンを務めていたり、東洋の鈴木大地と言えば誰もが知る存在でしたね。だから試合に勝っても大地さんに打たれると、監督さんに「あいつに打たれたら意味がない!」ってやっぱり怒られる(笑)。

鈴木 どっちが勝っても、負けたほうは痛い目を見ていたね(笑)。でも最初に翔平がロッテに入ってきたときは「すごいやつが入ってきたな」と思ったよ。2年前の大河(平沢大河)とか、今のヤス(安田尚憲)もすごいけど、翔平は翔平で1年目から・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング