週刊ベースボールONLINE

2018プロ野球シーズン大展望

【12球団戦力分析】日本ハム・カギを握る4人の新助っ人。投手陣の再整備が急務

 

ソフトバンクが投打に圧巻のパフォーマンスを見せた昨季のパ・リーグ。2018年も王者の牙城は簡単には揺るがない。攻撃陣の破壊力では引けを取らない西武、昨年の悔しさをバネに頂点を狙う楽天、個の力が充実するオリックスはソフトバンクの対抗馬となり得るのか。栗山英樹監督のタクトが冴える日本ハム井口資仁新体制で巻き返しを誓うロッテも、台風の目になる可能性は十分。やすやすと王者の独走を許すつもりはない。
※記録は3月17日時点

■2018開幕カード VS.西武(札幌ドーム)
2017対戦成績 8勝17敗0分 勝率.320

(ホーム5勝8敗0分・ビジター3勝9敗0分)

予想開幕投手 ロドリゲス(初)

2017年の対L成績 登板なし


投手力&守備力


 投手陣は大きな不安を抱えたままの船出となる。先発の柱と期待された有原航平が故障離脱したままペナントの開幕を迎える。開幕投手候補はオープン戦で抜群の安定感を見せる上沢直之、新助っ人のマルティネス、さらに調子を上げてきているロドリゲスも開幕マウンドに立つ可能性が高まってきている。開幕は、5人の助っ人を外国人枠を見据えながら戦略的な起用法を模索していく。

 ブルペンもセットアッパー、守護神の選定はまだ終わっていない。抑えは鍵谷陽平トンキンらが有力候補だったが、鍵谷が3月16日に筋挫傷で離脱。先発起用の可能性もある堀瑞輝ら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング