週刊ベースボールONLINE

2018ペナントレース

セの首位戦線に異状あり!? 鯉と燕が2トップに

 

6日のDeNA戦[マツダ広島]で8回3失点の好投。開幕2連勝を飾った広島・野村/写真=湯浅芳昭


 開幕前から混戦が予想されたセ・リーグ。4月8日現在で1位から4位までが2ゲーム差の団子状態は想定内だが、昨季最下位のヤクルトが、昨季王者の広島と同率の1位に立つ状況は多くの人にとって想定外だったはずだ。

 スタートダッシュに成功したのは広島だった。開幕カード[マツダ広島]で中日を3タテ。2カード目は神宮に乗り込み、ヤクルトを相手に2勝1敗と勝ち越した。

 しかし6日からのDeNA3連戦・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング