週刊ベースボールONLINE

データで解析 野球の謎!?

「ボールのノビ」という言葉はホップ方向に変化するストレートにだけ使われる

 

野球界で当たり前のように使われている言葉やプレー。「結局、それってどういうこと?」と聞かれると、意外にうまく説明できない事象を、データや数字を使って解析していく。第3回のテーマは「ノビのあるボール」だ。

上原のMLB時代のフォーシームはホップ方向への変化量が大きい「ノビのあるボール」だ/写真=内田孝治


上原浩治が投じる「ノビのある」ストレート


 前回は「ボールのキレ」とは何なのかを解説しました(→こちら)。今回はその派生として「ボールのノビ」について解説していきます。

「トラックマン」で計測した「ボールの変化量」を見ると、重力の影響のみを受けてボールが到達した地点を原点としたとき、平均的なフォーシーム(ストレート)はホップ方向&シュート方向、つまり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング