週刊ベースボールONLINE

最旬野球人

ロッテ・荻野貴司インタビュー 進化するスピードスター 「チームの“走塁改革”への意識は強くなってきている」

 

ケガに悩まされ続けるプロ野球人生を送り、そのケガさえも成長の糧としてきた荻野貴司。33歳となるシーズンを迎えても、いまだに進化を止める気配はない。新指揮官が掲げた“走塁改革”を旗印とする新生マリーンズにあって、千葉の韋駄天(いだてん)がその象徴として斬り込み役を担うのは必然だ。
取材・構成=杉浦多夢、写真=中島奈津子、桜井ひとし


スタート 金森コーチの教え


 チームは3.4月を勝率5割で乗り切った。昨季、球団史上ワーストの87敗という歴史的な大敗を喫し、今シーズンも決して前評判が高かったわけではないことを考えれば、健闘と言っていいだろう。その中で開幕から一番・中堅として先発出場を続け、3.4月は打率.303をマークするなどチームをけん引しているのが荻野貴司だ。5月に入り、やや打撃は下降線をたどっているものの、これまで故障に泣かされ続けて1年を通してチームに貢献することができなかった男が、フル完走に向けて好スタートを切ったことは確かだ。

 今シーズンのチームは開幕からずっといい雰囲気を保っています。連敗が続いた時期もありましたが、それでも落ち込むことなく、勝っても負けても常に前を向くことができている。鳥越さん(鳥越裕介、ヘッド兼内野守備・走塁コーチ)や金森さん(金森栄治、打撃コーチ)がいい雰囲気を作ってくれているところもあります。鳥越さんは本当に元気を出してくれていますね。僕らも負けずにもっと元気を出さないといけないんですけど(笑)。

 個人的にはここまで・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング