週刊ベースボールONLINE

データで解析 野球の謎!?

外角低めのボールは打球速度と打球角度の両面においてもっともリスクが低い

 

野球界で当たり前のように使われている言葉やプレー。「結局、それってどういうこと?」と聞かれると、意外にうまく説明できない事象を、データや数字を使って解析していく。第7回のテーマは「外角低めの安全性」だ。

データで見てもやはり外角低めは安全なボールだ


外角低めのボールは安打にもなりにくい


 前回のVol.6では「低めのボールのほうが打球の飛距離を抑え、本塁打や外野の頭を越える長打を防ぐことができる」、つまり高めのボールより低めのボールのほうが安全だということを解説しました。今回はさらに一歩踏み込んで、一般的に言われている「外角低めは安全」ということが本当なのかをデータで確認していきます。

 下の図は高低に加え内外角を含めたコース別の打球の平均飛距離、平均角度、平均速度です。結論から言えば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング