週刊ベースボールONLINE

2018交流戦 12球団の焦点

巨人・先発投手陣の再編で浮上なるか?/12球団の焦点

 

交流戦真っ只中。アマ時代のライバル、移籍選手と古巣の戦いなど、多くの好勝負が生まれている。ここでは、12球団別に交流戦、さらにその先を戦い抜くための、ポイントを検証する。
※成績は6月3日現在

6月3日のオリックス戦で2度目の先発マウンドに上がった内海哲也だったが、6回途中、左太もも裏をつり緊急降板。大事には至らなそう


指揮官も我慢の限界。先発2人を一気替え


 投打の歯車が思うように噛み合わない。近年はチーム低迷の大きな要因の1つで、奮闘してきた投手陣の足を引っ張り続けた打線が、交流戦2カードを終了した時点でもセ・リーグトップのチーム打率.270。序盤戦の勢いこそ失われつつあるものの、数字上は依然として好調をキープしている。その一方で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング