週刊ベースボールONLINE

2018交流戦 12球団の焦点

中日・お家芸“中継ぎ投手陣”は立て直せるか?/12球団の焦点

 

交流戦真っ只中。アマ時代のライバル、移籍選手と古巣の戦いなど、多くの好勝負が生まれている。ここでは、12球団別に交流戦、さらにその先を戦い抜くための、ポイントを検証する。
※成績は6月3日現在

与えられたポジションはロングながら、デビュー7戦で十二分な働きを見せている高卒2年目の藤嶋健人


基本パターンは直結型。又吉克樹の復活がカギ


 開幕前に描いていた構想が大きく崩れたわけではない。しかし、盤石とも言い切れない。その微妙な台所事情はそのままチームの状況も表している。リードした試合の終盤を支えるクローザーは田島慎二、セットアッパーにはドラフト1位の快速右腕・鈴木博志。この2人が核となり逃げ切ることが“型”ではある。6月3日時点で田島は12セーブを挙げて不動のクローザーとして起用され、鈴木博もチーム最多24試合に登板している。ただ、そこに至るまでが綱渡り。最大の誤算は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング