週刊ベースボールONLINE

2018交流戦 12球団の焦点

楽天・救援陣再編はなるか?/12球団の焦点

 

交流戦真っ只中。アマ時代のライバル、移籍選手と古巣の戦いなど、多くの好勝負が生まれている。ここでは、12球団別に交流戦、さらにその先を戦い抜くための、ポイントを検証する。
※成績は6月3日現在

継投、打線の両面で頭を悩ませることが多い梨田監督


昨季の立役者が総崩れの状況


 ペナントレースで大きく出遅れた楽天。近年、得意としていた交流戦で巻き返しを図りたいところだったが、開幕からいきなり5連敗を喫する。これでパ・リーグ5位のロッテとは7ゲーム差に開いた。交流戦2カードを終えた時点で、パの4球団は勝ち越しと好調スタートを切っている。このままでは、上位との差は開くばかりだ。

 接戦を勝ち切れないところに苦しさが垣間見える。象徴的だったのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング