週刊ベースボールONLINE

データで解析 野球の謎!?

違う球種を“同じスピード”で同じような軌道で投げれば(ピッチトンネルを通せば)打者はさらに球種の判断がつかなくなる

 

野球界で当たり前のように使われている言葉やプレー。「結局、それってどういうこと?」と聞かれると、意外にうまく説明できない事象を、データや数字を使って解析していく。第11回のテーマは「動くボールの正体」だ。

同じような球速の違う球種を同じような軌道で投げる。カイケルは「動くボール」を有効に使っている/写真=Getty Images


三次元で投球を組み立てるカイケルの3つの強み


 前回はMLBで広まりつつある「ピッチトンネル」という概念を解説しました。違う球種を途中まで同じような軌道で投げれば、打者は球種の判断がつきにくくなり、最後に手元でキュッと変化するように感じるというわけです。

 この「ピッチトンネル」を有効に使っている投手の1人がMLBで2015年のサイ・ヤング賞に輝いたダラス・カイケル(アストロズ)です。Vol.4で解説したように、カイケルの変化球は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング