週刊ベースボールONLINE

最旬野球人

楽天・田中和基インタビュー 変幻自在のスイッチヒッター 「常に平常心、淡々と、心に余裕を持ってこなしていきたい」

 

低迷する楽天打線の中で、シーズン途中からトップバッターという大役を任されている。立大からドラフト3位で入団した2年目のスイッチヒッターが、殻を破るきっかけ、そして現在地を語る。
取材・構成=阿部ちはる、写真=小倉直樹、BBM


【打撃開眼】すり足打法への変更


 再調整という形で二軍落ちをすると、そのまま二軍でシーズンを終える者と、すぐに一軍へ戻ってきて見違える姿を見せる者がいる。特に若手は、どちらかにはっきり分かれる。2年目の田中和基は後者だった。開幕一軍を勝ち取るも、わずか1週間で二軍落ち。しかし約1カ月半後の5月23日に一軍復帰すると、打席での立ち姿に明らかな変化があった。それまでは代走・守備固めでの起用がメーンだった男が、一時は三番打者を担うなど今や攻撃に欠かせない選手となっている。

 二軍で再調整となり、ファームの試合でもまったく打てていなかったときに池山(池山隆寛、二軍)監督から、「大谷君(大谷翔平、エンゼルス)はタイミングを取るためにノーステップにして打ちよるぞ」と言われたんです。マネをしたわけではないのですが、そういうのもありだなと思って。僕はタイミングを取るのが下手くそなので、思い切ってやってみたんです。すり足自体はあまりやったことがなく、昨年は右打席の際に、2ストライクに追い込まれてから試したりはしていたんですけど、左打席では初めてでしたね。ただ、形がないという言い方も変ですが、僕には「これがいい」という形が自分でも分かっていなかったので、変えることにあまり抵抗がなく、すんなりとできたかなと思います。

 すり足にしたことで、タイミングが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング