週刊ベースボールONLINE

伝説の強豪校オールタイムベスト9

広陵高・古豪にして現在進行形/伝説の強豪校オールタイムベスト9

 


 古くは広島商高、広陵高の順で語られることが多かったが、いまや完全に逆転した。昔から「春の広陵」「桜の広陵」と言われ、甲子園制覇3回はすべてセンバツだ。

 戦前の名選手としては田部武雄投手(プロは内野手)、小川年安捕手(元阪神)、巨人時代、逆シングルで沸かせ、のち広島に移籍、監督にもなった白石敏男(勝巳)内野手らがいた。田部は巨人の一員としてアメリカ遠征などに参加している俊足選手だが、公式戦スタート前に退団している。

 戦後は1967年夏の準優勝、70年佐伯和司(元広島ほか)の快投でのベスト4などもあったが、徐々に低迷期に入っていた。復興は90年、27歳の中井哲之が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング