週刊ベースボールONLINE

データで解析 野球の謎!?

アルバースは「伸びるファストボール」と「おじぎする変化球」による高低のコンビネーションで投球を組み立てている

 

野球界で当たり前のように使われている言葉やプレー。「結局、それってどういうこと?」と聞かれると、意外にうまく説明できない事象を、データや数字を使って解析していく。第16回のテーマは「オリックスアルバースのピッチング分析」だ。

アルバースはボールの高低を使った組み立てが特徴だ


「遅くて伸びる」速球と「おじぎする」変化球


 前回ロッテボルシンガー投手の2017年MLBにおける「ボールの変化量」と今季の球種データから、ピッチングを分析しました。今回は同様に、今季からオリックスに加入して前半戦だけで9勝をマークするなど、先発陣の柱となっているアルバース投手のピッチングを分析していきます。

 アルバース投手の球種における最大の特徴は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング