週刊ベースボールONLINE

データで解析 野球の謎!?

ディクソンは“速い”ナックルカーブを低めにコントロールすることで空振り&ゴロを量産している

 

野球界で当たり前のように使われている言葉やプレー。「結局、それってどういうこと?」と聞かれると、意外にうまく説明できない事象を、データや数字を使って解析していく。第20回のテーマは「オリックス・ディクソンのナックルカーブ」だ。

“高速”ナックルカーブを軸に投球を組み立てている。ディクソンの“高速”のナックルカーブはやはり大きな武器だ


フォーシームに対して約92%の速度を誇るカーブ


 前回は球界屈指のゴロピッチャーである阪神小野泰己投手を分析しましたが、今回も同じく球界でもトップクラスのゴロ率を誇るゴロピッチャーである、オリックス・ディクソン投手の投球データをひも解いていきましょう。

図1 ディクソンの球種割合(2018年)

データ提供●(株)共同通信デジタル ※記録はすべて8月27日現在


 ディクソン投手と言えばナックルカーブが代名詞です。その球種割合は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング