週刊ベースボールONLINE

タイトル争い最前線2018

個人タイトルをつかむのは誰だ!? 新人王編

 

2018シーズンは最佳境に入り、タイトルレースも大詰めを迎えている。行方が見えたものから、最後の最後までもつれそうな部門まで、個人タイトル争いの最前線をチェックしていこう。まずはハイレベルな争いが繰り広げられている新人王レースだ。
※成績は9月26日現在。年齢は2018年の満年齢


 セ・リーグの新人王争いはDeNA東克樹に“当確”ランプがともったと言っていい。崩壊寸前だったチームの先発ローテを支え、防御率のタイトルレースにも加わるルーキー左腕が最大級の評価を受けるだろう。吉川尚輝(巨人)、神里和毅(DeNA)といった序盤戦を沸かせた野手のライバルたちが、故障離脱で新人王レースからリタイアしたことも追い風となった。

 パ・リーグは混戦模様だったが、ここに来て楽天田中和基がやや抜け出した感がある。レギュラー定着は5月半ばと少し出遅れたが、6月上旬に平石洋介監督代行が一番に据えると、スイッチヒッターとして・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング