週刊ベースボールONLINE

タイトル争い最前線2018

個人タイトルをつかむのは誰だ!? パ・リーグ編

 

続いて主要部門に絞り、個人タイトル争いの最前線をチェックしていこう。部門によっては最後まで予断を許さない展開となっている。
※成績は9月26日現在。

【本塁打】キングへ向けて山川が独走



 四番として“山賊打線”をけん引する山川がキング独走だ。3、4月に11本塁打と開幕からアーチを量産。5月は3本と伸び悩んだが、7月は18試合で8発と再加速。リーグ3位の80四球が物語るように、際どいコースを突かれながらも量産を続け、初タイトルをほぼ手中に収めている。あとはどこまで本数を・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング