週刊ベースボールONLINE

週刊ベースボール60周年記念企画

廣岡達朗×石毛宏典 西武ライオンズLEGEND対談(前編)

 

1978年オフ、九州のライオンズが埼玉にやってきた。球団名を西武に変え、新時代の風を吹き込むも、当初はとにかく弱かった。それを劇的に変えたのが、名将・廣岡達朗。そして、その廣岡のイズムを受け継ぎ、黄金時代のチームリーダーとなったのが石毛宏典だった。縦横無尽の辛口対談。今回は前編である。
取材・構成=井口英規

就任1年目82年に優勝、日本一[ナゴヤ球場での日本一の胴上げ]


人を育てるのは時間がかかる


 西武黄金時代の礎を築いた名将が、青きユニフォームを身にまとったのは、1982年、埼玉移転4年目だった。現役時代、巨人で堅守の遊撃手として鳴らした監督の目に留まったのが、入団2年目、前年は新人ながら首位打者争いにも加わった若き遊撃手だ。指揮官の第一声は、こうだった。
「お前が石毛か。ヘタクソだな。よくそれで新人王を獲れたな」


廣岡 不思議なんだよな。どうして石毛が監督をしてないのか(笑)。

石毛 しました! オリックスで。すぐクビになりました!(笑)

廣岡 クビになるのが、また七不思議なんだ(笑)。あれだけ教え、自分でも勉強もしたのにな。(ヤクルト監督時代の遊撃手)水谷新太郎もそうだが、教え子がどんどん球界にいなくなっている。

石毛 まだたくさんいますよ。監督だけでも、工藤公康(ソフトバンク)、辻発彦(西武)、あとモリシゲさんもそうです(中日森繁和)。

廣岡 森には何も教えてないけどな(笑)。あいつが監督をしているのも不思議だよ(笑)。

──石毛さんの西武入団2年目、82年に廣岡さんが監督就任でしたね。

石毛 鮮明に覚えています。最初、「お前が石毛か。ヘタクソだな。よくそれで新人王を獲れたな」と言われて、「はあ、何だ、このおっさん」と思いましたからね(笑)。いまでも、野球教室や講演で言いますから、「俺はそれなりにうまいつもりだったのに、廣岡さんに、いきなり下手って言われたんだ」って(笑)。

廣岡 でも、頑張ったよ。

石毛 頑張ったんじゃなくて・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング