週刊ベースボールONLINE

男たちの選択2018

巨人・山口鉄也 幾度となく味わった挫折。巨人でつかんだJドリーム/現役を退く男たち

 

育成契約(巨人第1号)でのプロ入り。背番号3ケタから、原辰徳監督時代のブルペンに欠くことのできない存在に成長し、“育成の星”と呼ばれた男がユニフォームを脱ぐ。


2度のセ3連覇を368登板で下支え


 これまで数え切れないほどのピンチを切り抜けてきた鉄腕が、マウンドでは見せない緊張の面持ちでマイクを握る。山口鉄也が10月5日、都内ホテルで会見を行い今季限りでの現役引退を表明。「何もなかった自分が13年もの間、ジャイアンツのユニフォームを着て野球ができるとは思っていなかったので、とても幸せな日々を過ごせたと思っています」と感謝の気持ちを述べた。

 横浜商高卒業後、渡米して飛び込んだダイヤモンドバックスでは、ルーキー級で3シーズンを過ごすも、1度もA級に上がることができずに志半ばで2005年に帰国。公園の広場などでトレーニングを続け、この秋の横浜、楽天の入団テストを受験したが不合格、2度目の挫折を味わった。しかし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング