週刊ベースボールONLINE

男たちの選択2018 ヒューマンストーリー

ロッテ・大隣憲司 不死鳥が放った短くも強い輝き 「また症状が出る可能性のある個所が3つくらいある」/現役を退く男たち

 

順風満帆のプロ生活ではなかった。紆余曲折の末に常勝軍団のエース格に上り詰めながら、国指定の難病に侵される。それでも不死鳥のように奇跡の復活を遂げた雄姿を、ファンは決して忘れない。

11年を過ごしたヤフオクドームでロッテソフトバンク両軍の選手に胴上げされた


 近大では「江夏2世」と呼ばれた大隣憲司は数球団の激しい争奪戦の末、プロの世界に足を踏み入れた。「1年目から結果を残すことしか考えていません」と左腕に自信はあった。京都学園高(旧京都商高)の大先輩・沢村栄治の名を冠した「沢村賞」を狙うと言ったこともある。

 だが、甘くはなかった。ソフトバンクで2年目の2008年に11勝したが、入団5年目までは通算28勝。一番の原因は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング