週刊ベースボールONLINE

伊東勤のプロフェッショナル配球考

伊東勤コラム「強肩だけでなく冷静なリードも光った甲斐拓也」

 

2回裏一死一、三塁で野間峻祥を空振り三振に仕留め、広島先制の機運をしぼませたソフトバンク・バッテリー


 今年の日本シリーズはソフトバンクの2連覇で幕を閉じました。初戦を引き分け、2戦目を落としながら本拠地ですべて勝ち、最後は敵地で胴上げと地力の差を見せつけた結果に終わりました。最終戦となった第6戦も、それを象徴するような配球がありました。

 0対0で迎えた2回裏一死一、三塁、リック・バンデンハーク投手と甲斐拓也捕手のバッテリーは野間峻祥外野手と対戦しました。外野フライや内野ゴロでも先制される可能性があるピンチに直面し、直球主体の力勝負に出ます。

 初球、2球目と直球でした(判定はいずれも外角高めに外れてボール)。3球目も直球で、これは外角高めに決めて2ボール1ストライクとします。低めのスライダーでファウルを奪った4球目を挟んで平行カウントとすると、最後・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング