週刊ベースボールONLINE

ファームシーズン総括2018

DeNA・投手を中心に新戦力が台頭。戦力の底上げで選手層に厚みを

 

2018年、二軍はイースタン・リーグ4位でシーズンを終えた。万永貴司監督の下、若星たちが一軍で戦力となるべく研鑽(けんさん)を積んだ。今季流した汗は、間もなく実を結ぶはずだ。

一軍選手と同様に、ファームでも毎試合が真剣勝負だ


【育成方針】期待された突き上げ


 ファームの存在意義とは何だろうか。当然、チームとしてイースタン・リーグを戦っており、毎試合勝利を目指して順位を争うことが一つ。と同時に、若手の育成に力を注ぎ、才能を引き上げることで一軍の戦力を下から突き上げることにある。

 2017年セ・リーグ3位からCSを勝ち上がり、日本シリーズを経験したDeNAではあるが、やはり日本一のソフトバンク、セ・リーグ覇者の広島に対して、選手層という面では1ランクも、2ランクも劣っていた。オフにはFA宣言の大和をはじめ、楽天を自由契約された中川大志らを獲得したのも、一軍の層を厚くするためだ。とはいえ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング