週刊ベースボールONLINE

2019プロ・アマ球界大展望

早慶スラッガーと主将兼任の明大エースに注目!! 侍ジャパン大学代表は日本開催の日米大学選手権出場

 

大学野球は全国26連盟による春、秋のリーグ戦が控え、6月には全日本大学選手権、11月には明治神宮野球大会と日本一を懸けた一発勝負がある。そして、19年は日本で開催される日米大学選手権も見逃せない戦いだ。(学年は2019年4月以降の新学年)
写真=BBM

慶大・柳町[写真]と早大・加藤は東京六大学リーグを代表するスラッガー。


フル出場の柳町は慶大最多125本に挑戦


 1925年秋に発足した東京六大学リーグの「記録」に目を向けると、慶大・柳町達(4年・慶応義塾高)の通算安打をまずチェックしておきたい。2018年秋までに85安打。1年春からレギュラーで3年秋まで1度も休まず、全79試合に出場している。6季で14、13、16、14、14、14とコンスタントにヒットを積み上げてきた一方で、1年春秋に打率3割を突破して以降は2割台。2年秋の段階では歴代1位の明大・高山俊(現阪神)の131本を視野に入れても良いペースだったが、現実的に難しい。ここは照準を切り替えて、慶大の打者で歴代1位の堀場秀孝(リーグ歴代3位、元広島ほか)の125本に果敢に挑戦してほしい。偉大な先輩の数字まで40本。シーズン打率4割を目指していけば、必然的に20本近くを量産できる計算だ。

 慶大の永遠のライバルである早大には・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング