週刊ベースボールONLINE

ファームシーズン総括2018

ヤクルト・先発候補がたくましく育ち未来の主砲も躍動

 

高津臣吾体制2年目は、育成を継続しながら結果も残した。一軍戦力を補うほどの台頭はなかったが、投打で結果を残した選手も多く、2019年の台頭に期待できそうだ。

就任2年目の高津監督は確かな収穫を手にしている


【育成方針】底上げはこれから


 高津臣吾監督体制となった2017年には貯金7の3位、18年は貯金9の2位。ファームの戦いは勝敗がすべてではないが、選手育成は順調に進んでいると言えそうだ。

 ただ、18年シーズンに野手の台頭は少なく、一軍のレギュラー、特に外野陣は、経験豊富なベテランたちが独占した。内野では高卒3年目の廣岡大志が開幕スタメンに抜てきされ、その後も首脳陣は我慢強く起用したものの、打率.209では遊撃として起用し続けるのが難しく、5月下旬に二軍降格。高卒3年目の今季も一軍定着とはならなかった。二軍戦でも打率.244と打での課題は多い。19年も実戦経験を重ねていく必要がある。

 故障者続出で17年に一軍出場機会を増やした藤井亮太山崎晃大朗奥村展征は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング